会議: 痛み: 良い神が世界の悪許可することができます?

木曜日 16 de noviembre a las 20.30h, continuamos con el Ciclo de Conferencias: 「あなたは信じます」, ここで被験者は信仰についてです, 社会, 痛み, 死後に何かがあれば, 各セッションで提起された問題に対処するプロの専門家によるキリストetc..impartidasがあった場合.
次回の会議はと題され: 痛み: 良い神が世界の悪許可することができます? impartida por ベアトリス・オチョア (英語の先生と宗教, 中等教育).
El ser humano en todas las épocas no ha cesado de hacerse preguntas frente al escándalo del mal (自然災害, 戦争, 飢餓, 病気やすべての種類の苦しみ). 父全能の神であれば, 注文したといい、世界の創造主, 彼は彼のすべての生き物の世話します, なぜ悪があります? なぜ神は、それがどんな悪いことではないことができるように完璧な世界を作成していません? それは人間の苦しみに不信仰の主な原因の一つであります? 私たちは、世界に痛みを根絶することができます? 悪ユニバーサル関与があります? 人間の真の良いされています?. 痛みに対処信仰を助けるん?. Estas preguntas, 他の多くのよう, 彼らは、我々は次木曜日対処する簡単な答えを必要としません.

このサイクルを深めたい若者を目指しています, 質問があるか、キリスト教の信仰のいくつかの側面について考えていません.

会議 21 9 月

私が予想します カレンダー もちろん中に毎月第三木曜日に開催される次の会議の 2017-2018.

  • イエス・キリストは本当にありました? 彼の人格の分析. アドルフォ・アロンソDURA (バレンシア工科大学の構造解析の教授). 21 12 月の 2017.
  • 死後何があります? イグナシオ・ギルPechuán (教授E.U. 経営管理とシステムと情報技術, バレンシア工科大学). 19 1 月 2018.
  • 喜びに何か問題はあります? グアダループ・フェランドロダ (スペイン語と古典言語の学校の先生, Carcaixentの汚れなきマリア・カレッジ). 15 2 月 2018.
  • 教会のスキャンダル: 壁やヘルプを信じます? パイラー・コンザ・ガーシア (パイラー・コンザ・ガーシア, 研究者, 教授、バレンシア工科大学の経営学部). 15 3 月 2018.
  • そして、なぜそれが悪いことになるだろう? 相対的、宗教的原理主義の独裁うち、. アニスト・マスフェラー (バレンシアの大学で法律の歴史学教授). 19 四月 2018.
  • 貞操: 恋に¿狂気や幸福? パイラー・コンザ・ガーシア (パイラー・コンザ・ガーシア, 研究者, 教授、バレンシア工科大学の経営学部). 17 5 月 2018.
  • ¿祈ることは何かのために良いです? ビートリズ・ロデナストロサ (英語文献学の博士号, バレンシアのカトリック大学の医学部教授と研究員). 21 6 月 2018.
  • 多文化社会と地球の世界. 真の宗教があり、他にはありません?

 

FacebookTwitterGoogle  WhatsApp印刷PrintFriendly電子メール

また好むかもしれない..