教皇フランシスはロザリオの連祷に3つの新しい召命を追加します

教皇フランシスはロザリオの連祷に3つのマリアの召命を含めるように世界の司教会議に求めた.

この場合, 聖なる会は教皇フランシスの要請により、神の崇拝と聖餐の規律のための会衆の布告を発表しました。 Lauretan litaniesへの3つの新しい呼び出しが含まれています.

についてです 「慈悲の母」, 「希望の母」Y「慰めの移民」, すなわち, 慈悲の母, 希望の母」と移民のためのヘルプ.

そう, これら3つの新しい呼び出しは、既存の呼び出しに加わります ロザリーの祈りの終わりに引用されている.

バチカン会衆の布告によれば、「キリスト教の信心深い, 何世紀にもわたって, 聖母マリアを予約しました, キリストに出会う特権的で安全な方法”.

教皇フランシスによって追加されたこれらの3つの新しい召命のそれぞれは、特定の場所に配置されます. 「最初の呼び出しは後に行われます 母教会, 2番目の後 神の恵みの母, 3番目の後 罪人の避難所“.

新しい連祷でロザリオを祈るガイド, ここをクリック

その手紙. ロバート・サラ枢機卿, 神崇拝のための会衆の首長と聖餐の懲戒, 聖公会の大統領を送った, ここをクリック

 

また好むかもしれない..