病院のサンファンの私たちのガイドと一緒に中世への旅

ガイドヤードシュル2

パブロ ・ イダルゴ クラーリ インタビュー, 元の中世墓地観光客を教える専用ガイドの 1 つ (南テラス)

その 26 年, パブロは既にこの make のガイド観光の日焼けは. 彼はこの夏をしてきました, 7 月の中, サン ・ フアン ・ デ ・ エル ・病院の南の中庭で, 復元された中世の墓地を楽しみたい人のためのガイド付きツアー. さて, 夏の後の訪問を再開するとき, その連携と継続します。, 何かから、教会のサンファン病院のありがとう. パブロは、美術史の学位を保持します。, と、 美術史と視覚文化の修士号 (UV), 彼は中世建築で博士号を追求している現在、.

すでに第 4 レース - 私たちによると、します。- サン ・ フアン ・ デ ・ エル ・病院でインターンシップをしました。, 歴史的中心部の残りの部分を通知, 南パティオを除いてまだ作品だった. また他の仲間と一緒に私たちの教会の慣行を作ったマスター, 彼は D の個人アーカイブの勉強に没頭し、. エリアス ・ トルモ ・ サーキット, それは教会であります。.

この夏も来たが、 (2016) “彼らは私と呼ばれる, それは既に公共墓地に開いていた、彼らは利用され、少し専門的な人を探していた, この場合, 中世の建築物の”, について説明します. それは、サン フアン デ エル病院を通過するプラクティスの新しい学生を方向づける専用します。.

歴史学の学生として, ポールと見なされます南パティオ バレンシア都市内の特別な場所, また特殊化の彼らの領域のために (中世の建築). これは、彼はマスターしたので彼を引き付ける歴史的段階, 彼は彼の村でイスラム教徒に起源を持つ古い農家の勉強はじめた, Xúquer のオビエド (リベラ バイシャ).

ガイドヤードシュル3彼の意見で, この中世墓地は都市 1 つだけ元の形式で arcosolios を保持するために重要, 新しいので、訪問する場所であるとともに, “彼は以来ずっとここになります 800 年, 別の建物のオーバー ラップをされているし、それが公衆に開いたことが今, 彼らは本当に知っていることができます。”, 教えてくれる; “来るこれが存在し、訪問しての機会がなかったためをしてここで生活している人々 が知っています。”.

病院のサンファンの博物館 彼らは本を提供, フラット, 記事および歴史的芸術的アンサンブルに掘り下げて調査する必要なすべてのドキュメント. 構造は独自のツアーを主催、彼だったが、, について 20 分の長さ, 最も重要なことを強調しようとしています。, または公衆を誘惑するいくつかの「参照」. “販売特定の物語があります。. Valencians, あなたの話ならジャウメ 1 私の例, 彼らのようなものです。”, チャペル Jaume 参考ポールを説明します私, このように祈るミサを祝っていたときに王がそこに来た伝説と呼ばれる.

ガイドヤードシュル4ポールは観光客で行った南のテラスのドアの開始, それは成形グループ - が多かれ少なかれすべて半分の時間を待機- あなたの説明を開始するには, 2 つの部分で構成. 入り口に最初のストップ, 見ることができないローマのサーカス - の背骨はどこです。- ホーエンシュタウフェン朝の皇后コンスタンス II を埋葬. その後について説明します- “墓地に行きました, その起源を説明します。, 礼拝堂の歴史, 印刷機, 市民ゲラ、, 今日まで, 復元するときは、”.

ルートの中にポールも考慮、少し後に到着人: “ドアを開いたまま私の訪問を開始午前中, さらに、我々 は最初に、, 人々 を組み込むことができます。”. 場合についての質問にあなたは人は幸せであることだと思う, 信念を持ってイエスと言う, 主な理由は来ている人の多くが「ブラインド」, 彼らが見つけるものを知らなくても. カジュアルなトーンによって追加されます。: “すべての人に同じように入力, 真実は、それは非常に控えめな、クールなサイト”, 笑ってを終わる.

ライブ, マイクなし, 自分の声だけを使用して、, パブロは厳格なスクリプトなし中世古い墓地で動いていた. 各訪問を取得する頭と目的に関する彼のアイデアでのみが異なる. 多くの人々 があなたに質問をするときのような: “彼女の訪問の変更になります, 他の道路で行くこと…”.

ガイドヤードシュル6それは認識にそれが通常されない説明で緊張, 家族や彼に聞きにやってきた友人になっていない限り、. 彼は歴史の中世美術の専門家からの訪問を受けたも, ルートの端に彼はしばしば専用ものを説明します。, または改善するためにいくつかの注意を与える: “これらの事は常にもバンと, 1 つは学ぶ必要があるため, ここで誰もが完璧です。”, 控えめに言う.

訪問言語に関しては, パウロが、彼が話しているバレンシア-を説明して来る人の大半はスペイン語やバレンシア語-, 外国きたら簡単な説明はまた英語で行われます.

ポールは、他の学生がサン ・ フアン ・ デ ・ エル ・病院でのインターンシップを行うことをお勧めします。, 中世の美術に興味がある人に特に. また、追加提供するためのプラクティスを教会にします。, “どここの機会を与えない都市の中世の他のサイトがあるので, しかし、ここでもし, そして真実は、それがこの場所を知ることの価値は”, パウロの最後.

ガイドヤードシュール5

 

 

歴史家として彼の手順を実行する場合, 彼とパートナーは、ブログを作成して: http://parranatrapanthistoria.blogspot.com.es/ Facebook のページ: 「彼ら parran. Atrapant の歴史」, バレンシア文化の珍品の有益な方法を持っているものですが.

また好むかもしれない..