11月の今月の本: “真実の火. ムニラはチェスタトンについてコメント”

冒険か救助か- 現在最も深刻な問題に対するチェスタートンのスタンス、または彼が残留する理由 “21世紀の文化闘争の現在” これらは、ムニージャが『エル・フエゴ・デ・ラ・ベルダド』を出版するに至った疑問の一部です。 (ニューイブ). これは、1 つの目的に沿ってテーマ別に整理された、筆者の文章に対する個人的な考察をまとめたものです。: “自分の考えを強調する, 彼らがいかに世界で今をときめくのかを示す, 私たちの時代の文化闘争を認識し、私たちが経験しているこの危機の究極の根源を理解する”.

“私は 3 年間、ラジオ マリアで提供する番組の一部を捧げてきました。, 第六大陸, 人生の主要な問題に関するチェスタトンの格言の選択についてコメントする. そこで私は、彼の預言的な直観と私のコメントをすべて本の形で集めたいと思いました。. 彼らがあなたを助けてくれることを願っています, 親愛なる読者の皆様, なぜ現代思想が危機に瀕しているのか、そしてなぜ私たちの信仰がこれまで以上に意味を持つのかをより深く理解するために. 私たちが神の子であることを知ることで、私たちは希望を求める戦いの最前線に立つことができます。, クリスチャンが与えるよう求められている真理と愛. そして、何をしなければならないのか、どのような手順を踏めばよいのかを見極めることができるようになります。, 私たちにとって、基本的な五感、すなわち身体感覚が大いに役立ちます。, 超自然的な感覚, 批判的な感覚, 常識とユーモアのセンス, そうすることで、私たちは永遠のこちら側ですでに神の賜物を享受できるようになります。”.

著者

ホセ・イグナシオ・ムニージャ・アギーレ (セント・セバスティアン, 13 11 月 1961) 司祭です, スペインのカトリック神学者および司教. 彼は現在のオリウエラ・アリカンテ司教です。. 彼は以来パレンシアの司教を務めていた 2006 宛先 2009 そしてサン・セバスティアンからは 2009 2021年。彼の記事で知られる, 最初はバスクの新聞で, 司教に任命される前に, その後、毎週のコラボレーションで パレンティーノ日記, そして毎月 カスティーリャ北部, 新聞やソーシャルネットワーク上で活発な活動を続けている.

購入可能です オンライン またはサンファンデル病院のオフィスで.

 

また好むかもしれない..